ご予約・お問い合せ 03-3561-2340 〒1004-0031 中央区京橋2-6-14 日立第六ビル1F

お薦めの新メニュー

皆さま、お久しぶりです。
 
第1回以降なかなか更新ができず、気がついたら4年以上も経っており申し訳ございません。
 
今回は私のお薦めメニューについて、ちょっとだけお知らせいたします。お店のボードでお気づきの方もいらっしゃいますかとは思いますが。

ご存知のようにマスターの実家が鶏肉の卸問屋をやっておりますので、なかなか手に入らない稀少部位。しかも鶏なので一羽からほんの少ししか取れない「はらみ」なんです。メニューは2種類ご用意いたしました。

「はらみと玉ネギ」の炒め物は、焼き肉風味とカレー風味がございます。若い方なんかカレー風味を選んで、「ママ、ご飯頂戴!」と言ってくださるほどなんです。

もうひとつは「はらみの唐辛子味噌和え」になりますが、コリコリとした食感がたまりません。私もはまってしまうほどなんです。今度、ご来店頂いた時にはぜひお試しください。

皆さまに喜んで頂ければ、定番メニューに昇格いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


「座敷を改装する」の巻

<ご挨拶>
皆さん、いつも「とり安」にご来店ありがとうございます。
今年の夏は節電も加わってなおさら暑く感じませんか?
今回から、「ママのひとり言」を始めました。

これまでうちのお座敷は、お客さまから足が伸ばせない、足がしびれるというお声を頂戴していたので、先週末を利用して思い切って念願の「掘りごたつ風」に改装いたしました!
お客さまの数に合わせてレイアウトもフレキシブルに変えられるようになりましたので、個室にもなりますし、ぜひ一度ご利用ください。

本当にまさに「突貫工事」だったのですよ、私も大変でしたが、その中で・・・

<マスターったら!>
内緒のお話ですが、工事も終わり一段落したら、どうしてもテーブルがひとつだけ柱に当たってうまく収まりません・・・
マスターが気になって腕を組んで眺めて、「柱を切るか、テーブルを切るか!」とつぶやいていたんです。
しばらく経つと奥の座敷から、ゴリゴリと何かを切る音が聞こえて来ました!
わたしはもうビックリして「柱切らないで〜!」と駆けつけると、マスターがどこから手に入れたかノコギリでいきなりテーブルの角を切り始めていました!
ほどなくして、コロンとテーブルの端が床に落ち、「よし!これでスッキリした!」
マスターってこんな時意外に役に立つんですよ。

<おわりに>
何だかとりとめのない話になってしまいましたが、季節毎にこのコーナーを更新しますので、これからも「とり安」をよろしくお願いいたします。
新メニューも加わりましたし、マスターがどこを切ったのかお楽しみに!

line

お薦めの新メニュー

line

皆さま、お久しぶりです。

 
第1回以降なかなか更新ができず、気がついたら4年以上も経っており申し訳ございません。

 
今回は私のお薦めメニューについて、ちょっとだけお知らせいたします。お店のボードでお気づきの方もいらっしゃいますかとは思いますが。
ご存知のようにマスターの実家が鶏肉の卸問屋をやっておりますので、なかなか手に入らない稀少部位。しかも鶏なので一羽からほんの少ししか取れない「はらみ」なんです。メニューは2種類ご用意いたしました。

「はらみと玉ネギ」の炒め物は、焼き肉風味とカレー風味がございます。若い方なんかカレー風味を選んで、「ママ、ご飯頂戴!」と言ってくださるほどなんです。
 
「はらみと玉ネギ」の炒め物
 
もうひとつは「はらみの唐辛子味噌和え」になりますが、コリコリとした食感がたまりません。私もはまってしまうほどなんです。今度、ご来店頂いた時にはぜひお試しください。
 
「はらみの唐辛子味噌和え」
 

皆さまに喜んで頂ければ、定番メニューに昇格いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 


line

「座敷を改装する」の巻

line

<ご挨拶>
皆さん、いつも「とり安」にご来店ありがとうございます。
今年の夏は節電も加わってなおさら暑く感じませんか?
今回から、「ママのひとり言」を始めました。

<お座敷を改装>
これまでうちのお座敷は、お客さまから足が伸ばせない、足がしびれるというお声を頂戴していたので、先週末を利用して思い切って念願の「掘りごたつ風」に改装いたしました!
お客さまの数に合わせてレイアウトもフレキシブルに変えられるようになりましたので、個室にもなりますし、ぜひ一度ご利用ください。

 

本当にまさに「突貫工事」だったのですよ、私も大変でしたが、その中で・・・

<マスターったら!>
内緒のお話ですが、工事も終わり一段落したら、どうしてもテーブルがひとつだけ柱に当たってうまく収まりません・・・
マスターが気になって腕を組んで眺めて、「柱を切るか、テーブルを切るか!」とつぶやいていたんです。
しばらく経つと奥の座敷から、ゴリゴリと何かを切る音が聞こえて来ました!
わたしはもうビックリして「柱切らないで~!」と駆けつけると、マスターがどこから手に入れたかノコギリでいきなりテーブルの角を切り始めていました!
ほどなくして、コロンとテーブルの端が床に落ち、「よし!これでスッキリした!」
マスターってこんな時意外に役に立つんですよ。

<おわりに>
何だかとりとめのない話になってしまいましたが、季節毎にこのコーナーを更新しますので、これからも「とり安」をよろしくお願いいたします。
新メニューも加わりましたし、マスターがどこを切ったのかお楽しみに!

line